超常現象情報研究センター

宇宙機第2号P13-14

  表記、仮名遣い等は可能な限り原文を踏襲しております。言葉遣いの間違いと思われるところも、あえて残してあります。

編集後記
★第2号の発行が印刷所の都合で大変おくれたことをおわびします。来月からは発行日”毎月五日”を厳守したいと思つています。

 ★原稿メ切后も円盤の実見記が続々とどいたり、円盤の解説記事が二、三雑誌等に発表されており”世紀の謎”たるに恥じない話題を毎月提供して呉れています。

 ★本号から雑誌形式になりました。内容をますへ充実させたいと思つています

空飛ぶ円盤研究会入会希望者名簿
 (個人情報となるため不掲載。ただし森田たま、北村小松、斎藤守弘他の名が見られる)

戻る