一般社団法人潜在科学研究所 The Potential Science Institute

第20号 英国UFO事件:レンドルシャムの森事件―現地調査報告@

 

 19801226日、イギリスはサフォーク州にあるレンドルシャムの森で、史上有名なUFO事件が起きました。
 この事件については、本メルマガ第4で、桜井慎太郎客員研究員が最近の研究結果を報告しておりますが、今回、わが潜在科学研究所はこの森まで調査団(?)を派遣し、現地踏査を行ってきました。正直言って事前に大した準備もせず、とりあえず行ってみようというノリで訪れたのですが、もしかして我々に続いてこの森に足を踏み入れてみたい、などというお方もおられるかもしれません。というわけで、旅の注意事項も含め、今回の調査行について報告したいと思います。
 まずは、レンドルシャムの森はどこにあるかです。
 最初に述べたとおり、この森はイギリス(日本語の正式名称は「グレート・ブリテン及び北部アイルランド連合王国」)のサフォーク州にあります。サフォーク州は、イギリスの首都ロンドンからみて、北東方向の、北海に面した行政区域で、州都はイプスウィッチです。
 ロンドンからイプスウィッチまでは、リヴァプール・ストリート駅から出ているノーリッジ行き列車に乗ると1時間20分で着きます。
 イギリスは、鉄道の歴史に名を残すだけあって、日本に劣らぬ鉄道大国で、鉄道網が全土を覆っていますが、料金の方もJR並みで、イプスウィッチまでは往復料金で35.4ポンドでした。
 問題のレンドルシャムの森は、イプスウィッチからさらに東北東にあります。
 この森はだいたい東西6キロ、南北4キロ少々のいびつな形をしており、その中央には、ウッドブリッジ空軍基地の滑走路が東西方向に食い込んでいます。イプスウィッチからこの森の西の端までは、直線距離にしてだいたい15キロといったところでしょう。
 イプスウィッチから車で行くとすると、まず北東にあるウッドブリッジの町に向かいます。そこを過ぎてほぼ真東に向かうと、森に着きます。さらにこの森から東の方、16キロくらいの海岸にオーフォードという町があり、ここに灯台があったりします。
 なお、ウッドブリッジの町にも、イプスウィッチから鉄道のローカル線が出ております。また、イプスウィッチ市内のバス停では、65番と165番のバスがレンドルシャム行きと表示されていましたが、これは森ではなく、その北にあるレンドルシャムの町の方に行くものと思われます。さらにレンドルシャムの町の北にあるのが、ベントウォーターズ空軍基地です(レンドルシャムの町と森は少し場所が違うのでややこしいです。またウッドブリッジ空軍基地は、ウッドブリッジの町ではなくレンドルシャムの森にあります)。
 ちなみにイプスウィッチはサフォーク州の州都でもあり、しかもサフォーク大学のある学園都市なのですが、日本の旅行ガイドではほとんど眼にすることがありません。もちろん、レンドルシャムの森について述べたガイドブックは見たことがありません。

 今回我々は、ロンドンから列車でイプスウィッチに赴き、そこでレンタカーを借りてレンドルシャムの森を訪れました。
 ではここで、イプスウィチでレンタカーを借りる際の注意事項です。
 ホテルで訊ねると、イプスウィッチにはレンタカー会社が2件ありました。
 その一つで全国チェーンのヨーロッパ・カーという会社を利用したのですが、まずは電話なりインターネットなりで必要事項をコール・センターに伝え、その上で町外れの事務所まで引き取りに行く必要がありました。事務所はプレハブで、中には職員が一人留守番しているだけ。それに借りた車にはナビはおろか道路地図さえありませんでした。
 事務所の女性職員に頼み込むと、親切にもイギリス全土の一枚地図をくれましたが、この地図は幹線道路が載ってるだけ、ウッドブリッジの町が小さな黒点です。もちろんレンドルシャムの森なんてどこにもありません。
 レンタカーを借りる前に、どこかで自前で道路地図を調達した方がよかったようです。
 ちなみにこの女性(年齢は30歳以下、つまり事件後の生まれらしい)にレンドルシャムの森事件について訊ねると、まったく知らないと述べておりました。世界的に有名なUFO事件と言っても、地元の一般庶民の感覚なんてこんなもんです。
 ともあれ、もらった道路地図は役に立たないと判断し、先進国イギリスの道路標示を信じて、とにかく出発しました。
 幸い田舎のことなので、それほど道路が入り組んでいるわけではありません。町と町の間はほぼ一本道です。ただ市街地に入ると、それなりにややこしいので、できればウッドブリッジの町は迂回したかったのですが、どこをどう間違ったか結局住宅地に入り込んでしまいました。これまでの経験からすると、知らない町で曲がり角を
1つ間違えるととんでもない方向に行ってしまいます。そこでそのあたりの人を捕まえてレンドルシャムの森の方向を訊き、どうにか1時間ほどで森の駐車場までたどり着きました(駐車料金は13.1ポンド)。イプスウィッチからの走行距離は16マイル(25.6キロ)でした。

                                 主任研究員羽仁礼記(2012年5月1日配信)



 戻る