超常現象情報研究センター 



 
 

守屋汎講演会結果報告

 2019年1月26日(土)に元徳間書店の守屋汎氏の講演会を開催しました。


 守屋氏が充実したレジメを用意してくださったので、これをもらえただけでもいらした方にはご満足いただけたのではないかと思います。まず、オカルトにはまったきっかけや徳間書店で手がけられた本の思い出を語っていただきました。

  のちに古史古伝シリーズを出される著名著者が最初に本を出すきっかけが原稿持ち込みだったことや、「○○○○は○○○○の集まりで紹介してもらった」など貴重なエピソードが次々と披露されました。また伝説のオカルト雑誌「ゴッドマガジン」がどのように作られたかや、超知ライブラリーが生まれた経緯など興味深い話が続きました。

 サイモン・ウィーゼンタール・センターから抗議を受けた件やデーヴィッド・アイクの最新情報なども公開してくれました。太田龍さんの思想的遍歴、なぜ守屋さんは太田さんに惹かれるのかに関する話は力が入っていましたね。最後に最新の陰謀情報としてQアノンに関する詳細を特別公開してくださいました。

  質疑応答でも「『ゴッドマガジン』創刊の際は『ムー』や『トワイライトゾーン』とどう差別化しようと思ったか?」「古神道系の陰の組織は存在するか?」などディープな質問が飛び出し、率直に答えてくれていました。 参加してくださった皆さま、ありがとうございました。(文・高橋聖貴、写真・信清正充)



 
   
戻る